ビジネス小説

坂本光司さんの日本でいちばん大切にしたい会社

 この本で取り上げられている会社は小さな会社が多いですが、不景気にもかかわらず堅実に利益をあげています。それは人を大切にしているからだと著者は言います。人を大切にする経営が正しい経営で、業績は結果として後からついてくるものであり目的ではないのだと。ここで言う「人」には顧客だけでなく、社員・社員の家族・社会的弱者・支援者が含まれます。建前を言っているようにもきこえますが、表向きのきれいごとではないという証拠に、数々の実例が示されています。  それぞれの会社がたどってきた道は決して平坦ではあり ...
続きを読む

百田尚樹さんの海賊とよばれた男

この物語は、出光興産の創業者である出光佐三という人物をモデルに書かれた歴史経済書であり、道徳や原理・原則が曖昧な今の社会に、一筋の道しるべとなるような兆しをもたらす、今日のビジネスシーンにおいても最も参考にすべき一冊であると私は考えます。 出光佐三という人物は、一言で言うとアウトサイダーであり、常套手段とはかけ離れた戦略で次々とマーケットを拡大して行くといった、いわば豪腕経営な一面もありました。 しかし、最も特筆すべき点は、大家族主義に則り会社を経営し、社員を本当の家族同様に扱い、最 ...
続きを読む

仲谷明香さんの「非選抜アイドル」

私が最近読んで感銘を受けたビジネス書は、仲谷明香さんの「非選抜アイドル」です。 これがビジネス書?と思う方もいらっしゃると思います。私も読む前は「どうせ最近流行のAKB本だろう」くらいの気持ちでした。 しかし、新聞の書評コーナーでオススメされていたのをきっかけに読んでみることにしたのです。 実際に読んでみると、この本はビジネスマンに勇気を与えるような素晴らしい内容が記された良書でした。ヘタなビジネス本よりも、仕事のヒントになりそうな箇所がたくさんありましたよ。 仲谷明香さんという ...
続きを読む

↑ページトップへ戻る