日本のビジネス  |

高品質な日本のモノづくりを支えるものとは?

日本のモノづくりの技術が優れていることは皆さんご存知でしょう。たとえば、世界的にも有名なトヨタ自動車の車は、アジアやアフリカの国々にも輸出され、丈夫で壊れにくい車として現地の人々の暮らしを支えています。車のような大きなものだけではなく、赤ちゃんがいる家庭では欠かせない紙おむつなども、一時期は外国人観光客による買い占めが起こるほど、その機能を評価されていました。

なぜ、日本のモノづくりの技術が優れているのか。それは、日本人が昔からモノを作る「職人」を重要視し、大切にしていたためと考えられています。長年同じ技術の研鑽を積み、それに特化した職人たちは、製品に触れるだけでミリ単位のズレを感知できることもあるそうです。このような職人たちがいるからこそ、日本人は昔から高品質なモノに囲まれ、それを世界に輸出し、評価を得てきたのだと考えられます。

しかし、職人の技術を凝らした製品は、製作に時間がかかるため、大量生産には向きません。現在は大量生産・大量商品の時代ですから、職人による超一級の製品は、オーダーメイドや高級品とした位置づけで、手に入れるには非常に高い対価を求められます。

とはいえ、職人技が廃れたわけではありません。日本人は工夫の得意な民族ですから、製造機械に関しても様々な工夫を凝らしてきました。その結果、職人技とまでは行かずとも、一定以上の品質を持った製品を大量生産できる機械を作り出しました。これにより、安いながらも高品質の製品が市場に出回るようになりました。

このように、日本のモノづくり技術が高い理由には、日本人が職人を大切にする気風を持つ民族であったことと、より良い結果のために様々な工夫をする気質があったことが挙げられます。また、明治時代に開国した結果、欧米との差を知り、欧米に追いつき、超えてゆくために熱心に勉強し、技術力をさらに発展させていったことも大きな要因のひとつでしょう。これは「日本人は勤勉」と評価される理由の一つでもあります。

もちろん、精神性や民族性といった、目に見えないものだけが日本のモノづくりの技術を向上させたわけではありません。現在のように何事も数字で表し、客観的な事実を明示する必要がある場合は「気質」などの言葉では説得力がないとみなされます。

業種・業界を問わず、モノづくりで重要なこととは、正確に対象のモノを把握することです。それは、プロジェクトの進行状況であったり、製品の耐久性であったりと多岐に及びます。製造の現場においては特に重要で、1mgの狂いが大きな事故に繋がることも珍しくありません。そのため重要なのが計測機器です。

たとえば、先ほども例に出した自動車製造の現場では圧力計をはじめとした様々な精密機械が使われています。製品を工場から出荷するためにはエンジンの油圧やタイヤの空気圧などを計測し、基準値を満たしている必要があります。そのような業務用の圧力計にはコチラのようなものがあります。圧力計はアナログ表示のものもありますが、より正確に値を計測する必要がある場合は、デジタル表示のものが適しているでしょう。


«    »