自己啓発ビジネス書  |

自分の答えのつくりかた

みなさんは、ビジネス書ってよく読まれますか?読まれるとしたら、どんなビジネス書を読んでいらっしゃいますか?
私は最近になって、ビジネス書を読むようになりました。以前はビジネス書と聞いただけでも難しそうで私には無理って思っていたんですけれどもね。でも読んでみると、意外とそうでもないし面白いと今は感じています。
私のように、ビジネス書に興味があってちょっと読んでみたいんだけど難しそうだし、どんなビジネス書がいいのか、読みやすいのかよくわからない方におすすめかもしれない一冊をご紹介しますね。

おすすめのビジネス書はいろいろあるんですが、もしも初めて読まれるのであれば、『自分の答えのつくりかた』というビジネス書がいいかもしれません。理由はというと、中身としては立派なビジネス書なのにもかかわらず、物語形式で楽しく面白く書かれているせいか、小説のようにさらっと気軽に読めるからです。
物語形式なのでネタバレするようなことを書くと、実際に読むとつまらなくなってしまうからあまり書きませんが、ものすごく簡単に言うと、ロジカルシンキングに関することが書かれていて、また、国際的なビジネスの場で仕事をするというのはどういうことなのかといったことについても考えさせられる内容です。

この著者の方は、ハーバードのビジネススクールに留学したり、あのマッキンゼーで働いていたりしたこともあるそうです。私のような凡人がそう聞くと、なんてすごいんだろう、そんな人が書くビジネス書なんて難しいのでは?などと思ってしまいますが、本当に頭のいい人が書くビジネス書とはこういう簡単で親しみやすいものなのかもしれないと、この本を読んですごく感じましたよ。


«    »