ビジネステクニック集  |

海外向けプレスリリース配信の注意点

コンピューターの時代ですから、海外向けに商品を作ることも多いでしょう。実際にインターネットを介して、私たちはあらゆる国の情報に触れることができます。言語さえ対応できればいいものは世界中でヒットするはずです。実際に私の知人でも海外向けにサービスを作って配信している人間も多くいます。彼らが悩むことは現地でのプレスリリースだそうです。

gf1940036009wまずはプレスを使って認知を高めないといけないのですが、中々日本のPR会社では海外マスメディアは得意とするところがないそうです。そんな中、海外向けプレスリリースが得意という会社はないわけではありません。カーツメディアワークスなどのまだ比較的若いPR会社はインターネットの分野を中心にしている、海外にも強みを発揮できるPR会社です。スタッフも国際色豊かで、現地のメディア事情にまで精通しているという強みがあるそうです。

日本国内で広報の経験がある人でも海外向けとなると言語の違いだけでなくその国々の文化、マナー、国民性についても配慮が必要になります。英語が得意な人に任せればOKということでもありません。知らず知らずのうちにその国のタブーに触れてしまうこともしばしばあります。マーケティングの目的は自社の製品やサービスを広く知っていただき、興味をもってもらうことです。余計なミスやトラブルで海外マーケティングが失敗に終わってしまっては元も子もありません。あくまですばらしい製品、サービスを提供することが事業の本質です。プロに任せられる部分は任せるというのもひとつの選択です。覚えておきましょう。


«    »