ビジネステクニック集  |

営業ツールの活用法

76749997起業して間もない方など、なかなか営業成績が上がらないと苦労していませんか?小さい会社でネームバリューがないと、客先に事業内容や商品を知ってもらうだけでも大変ですね。アポを取るのは営業の腕前として、短時間で印象を残せるにはどうしたらいいでしょうか。

営業ツールとしてよく用いられる会社カタログは、「あとで見ておくから」と客先でも受け取られるだけのことが少なくありません。プレゼンテーション用の資料を作ったり、一例の見積を参考として持ち込めば、ぐっと印象度は違います。こんな時は、小さな会社だからこそ同僚とのチームワークが大切になります。小規模経営の会社では、細かな部署割りがないことが多く、従業員はフレキシブルに仕事に対応することが求められます。言ってみれば、仕事分担されつつも社員全員が会社全体を見渡せる立場にいるのです。

もしかしたら、事務系社員や製図・商品開発等の専門社員の方が、営業社員より詳しいことも多いのではないでしょうか。商品説明や事業説明を、営業職一人で考えるのではなく、どう売り込めば効果的か等を他の社員にも相談し、知恵を出してもらいましょう。営業力を社内でも発揮し、人間関係を円滑にして、パソコンが得意な同僚に資料作りを手伝ってもらう等、前線に赴くあなたを武装してもらいましょう。小さな会社だからこそ、一致団結する力が必要です。あなたの営業成績は、会社の営業成績に直結するのですから。

122570317

その他の営業ツールの一つにセミナーというものがあります。ただし、この方法は会場を押さえたり、決済サービスを利用したり、そもそも告知をしないと人も集まらないという結構手のかかるものでした。その常識を変えたのがシクミネットというイベント&会員管理システムになります。会場は抑えられませんが、会場さえ押さえてしまえば、これだけで大丈夫です(告知はご自身で行ってくださいね)。非常に便利だということで、私の周りの経営者層も結構利用してると聞きます。まだ使ったことはありませんが、大変に評判のいいサービスですので、いずれ試してみたいと思います。


«    »