ビジネステクニック集  |

加藤昌治さんの『考具』がオススメです。

私は以前、地方にある広告業界で働いていました。

そして今は同じ地方にある通販会社で働いています。

働く業種は違いますが、どちらの会社でも広告や販促に関わる職種であり、日頃から商品が売れるためのアイデアや企画といったものを考えています。

アイデアや企画出しという作業は、頭をひねって何時間も考えていると突如としてひらめくことももちろんあるのですが、やはり自分なりの手法がまずあって、日頃からアイデアネタを集めておいた方がひらめきやすいように思います。

そんな私がオススメしたいのが加藤昌治さん著作の『考具』という本です。

この本はまさに考えるための道具となりえるアイデアツールがいくつも紹介されています。

今から約10年ほど前に出版された本であり、本自体はいくぶん古くなってしまいましたが、書かれている内容は時代に合わないような古いものはなく、普遍的な基本原則的なものがほとんどなので、役に立つように思います。

今では有名になったマインドマップやフォトリーディングをはじめ、販促にも商品開発にも使えるギズボーンのアイデア基本チェックリストなどは、知るだけでも大変な価値があるように思います。

私はこの本を10回は読みましたが、この本に書かれている内容は、今でも広告作業の現場で使っています。


«    »