ビジネス小説  |

仲谷明香さんの「非選抜アイドル」

私が最近読んで感銘を受けたビジネス書は、仲谷明香さんの「非選抜アイドル」です。
これがビジネス書?と思う方もいらっしゃると思います。私も読む前は「どうせ最近流行のAKB本だろう」くらいの気持ちでした。
しかし、新聞の書評コーナーでオススメされていたのをきっかけに読んでみることにしたのです。

実際に読んでみると、この本はビジネスマンに勇気を与えるような素晴らしい内容が記された良書でした。ヘタなビジネス本よりも、仕事のヒントになりそうな箇所がたくさんありましたよ。

仲谷明香さんという方はAKBの中でも、選挙でランクインすることのない、知っているしか知らないようなメンバーと言った立ち位置です。
そこがタイトルにもなっている「非選抜」という部分にかかってくるのですが、彼女は非選抜であるがゆえの生き残り戦略を実践していくのです。

例えば、他のメンバーが急遽出演をキャンセルした際の、代替メンバーというところに活路を見出します。そのために他人の振付けや歌唱パートまで練習し準備します。その結果、彼女はキャンセルが出た際に真っ先に声を掛けられるようになったそうです。

彼女はこの本で、ある場所では敗者になっても、他の場所で責任を果たしていれば必ず居場所を見つけられると言っています。

例え挫折を経験したとしても、他人とは違った視点で物事に取り組むことでチャンスが巡ってくるという、私たちサラリーマンにも共感できるような示唆に富んだビジネス書だと思います。


«    »