未分類  |

オフィス用品買取

日本全国には様々なリサイクル業者があり、その取り扱い処分品目は企業ごとに様々に分けられているのがポイントです。まず、ここでは、消費者と処分会社が直接取引する場合を中心に説明します。まず一般的な粗大ゴミですが、自治体によっては完全有料化となっており、それ以外の場合でも市町村の焼却場などに持ち込む場合に限って有料になる公共処理施設があります。

次に産業廃棄物に分類される、金属くず(アルミサッシや、ビニールハウスの骨組みやブリキのトタン屋根など金属全般)はスクラップ会社の担当分野です。また、家の塀を壊したりしてたくさん出たコンクリートの廃材や駐車場で取り壊したアスファルト舗装の廃材などは、それら廃材専門の中間処理業者に持ってゆくか、さらにその先の再生処理工場に持ち込むかします。側溝などを掃除した汚泥は専門会社にひきとってもらいます。公共工事でない限りは汚泥は乾燥して残土処分することもあるでしょう。土に関しては、駐車場など作った時やリフォームで出たとして、残土処分受け入れ会社が有ります。あと、プラスチックの大きなゴミ、樹脂トタンやカーポートの透明屋根などに使用されている、量のかさばるものは産業廃棄物中間処理会社に持ち込みます。最後に家電製品でリサイクル法の対象になっているものは、近所の電気屋さんか、念の為に中古品販売店に引き取ってもらうという手もあります。以上、廃材の種類によって、取り扱っている会社が全く違うというこをポイントとして説明しました。

例えば事務所の引っ越しなどで机や椅子を大量に処分するケースというのは担当する人間は色々と計画を練らないといけません。

搬出エレベーターの確保や引取りトラックの待機場所、処分品の搬出など悩みは尽きません。しかし企業したばかりの人間や成功して移転してく小企業では、そんなものに時間をかけるのは愚かなことです。そんな方にはISIシステムズがお勧めです。同社はこうした大型のオフィス家具の引取り経験が豊富なため、様々なアドバイスを一緒になって行ってくれます。オフィス家具買取の流れはWEBですぐに分かるようになっています。


«    »