ビジネス書で学ぶフリートレーニングブログ

ビジネス書で大いに学ぼう


  • 超音波を利用した仕事とは?

  • 超音波と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか?「人の耳には聞こえない音」であることは分かっていても、具体的に何に使われているのかなどは分からない人がほとんどでしょう。実は、超音波は身近な場所にも使われています。仕事で日常的に超音波を使用している人もいます。実際に超音波を利用して行う仕事をご紹介しましょう。

    1.漁業従事者

    超音波を使用したツールのひとつに、魚の位置や数を探知する魚群探知機やソナーがあります。漁業従事者はこれらの装置を利用し、目には見えない位置にいる魚を探知し、効率よく漁業を行っています。製品によって様々な特徴があり、超音波発生器を2つ積み、探知漏れを少なくする、立体的に位置を把握するものや、荒天時にも安定的に魚群を探知するものもあります。

    余談ですが、船の直下を探査するものを魚群探知機と言い、船の周辺を探知するものをソナーと言います。

    2.品質検査員

    工場などで生産された製品の品質をチェックする検査機器のひとつに超音波センサがあります。超音波センサは条件が揃えば安定的に素早く製品をチェックすることができます。赤外線センサとは違い、曲面の検査や不透明な液体の検査も行うことが可能であるため、化粧品や保湿クリームなどの検査に使われることもあります。

    超音波センサは音を利用しているため、検査場の環境を整える必要があります。壁や床が音を反射しやすい素材の場合は吸音材を敷設することもあります。また、音の出る機械の周囲では正しい結果を得ることができないため、超音波センサを利用して検査を行う場合は、多くは製造場所と検査場が物理的に離されています。

    3.産婦人科医

    妊婦のお腹の中にいる赤ちゃんの様子を見るために使われるエコーは、超音波が利用されています。近年はエコー技術も発達し、より鮮明に赤ちゃんの様子を観察することができます。顔の表情や、どの程度発達しているかなど、エコーを活用することで赤ちゃんの状態を正確に把握することができます。赤ちゃんの向きによっては検査できないこともあります。

    他にも、乳がんなどの検査にもエコー検査が用いられます。

    4.測量士

    河川や海底などの測量にもソナーが使われます。測量は護岸工事を行う前や、津波や高潮などで海岸線が大きく変わってしまった際に、正しい数値を計測するために行われます。また、新しく港を開く場合にも測量が行われます。どのルートであれば安全に船舶を停留させることができるかなどを検査するためにはソナーが必要不可欠です。漁労支援用のソナーと用途は違いますが、目には見えない水中の様子を探知するという意味で、原理は同じです。

    水中の探査を行っていると、稀に、周辺水域と比べて極端に浅すぎる部分が見つかります。多くの場合、それらは不法投棄されたものや流木、ゴミなどが積み重なっており、撤去が必要にはなるものの大きな問題にはなりません。しかしながら時折、自動車などが見つかることもあります。そのような場合は警察を呼び、捜査をするため作業がストップしてしまうこともあるそうです。

    以上は超音波を利用する仕事のほんの一部です。共通していることは、直接肉眼では確認できないものの探知・探査に関係するということです。仕事と言うことを離れると、歯ブラシや衝突防止センサなど、超音波は身近なものにも多く使われています。

  • 高品質な日本のモノづくりを支えるものとは?

  • 日本のモノづくりの技術が優れていることは皆さんご存知でしょう。たとえば、世界的にも有名なトヨタ自動車の車は、アジアやアフリカの国々にも輸出され、丈夫で壊れにくい車として現地の人々の暮らしを支えています。車のような大きなものだけではなく、赤ちゃんがいる家庭では欠かせない紙おむつなども、一時期は外国人観光客による買い占めが起こるほど、その機能を評価されていました。

    なぜ、日本のモノづくりの技術が優れているのか。それは、日本人が昔からモノを作る「職人」を重要視し、大切にしていたためと考えられています。長年同じ技術の研鑽を積み、それに特化した職人たちは、製品に触れるだけでミリ単位のズレを感知できることもあるそうです。このような職人たちがいるからこそ、日本人は昔から高品質なモノに囲まれ、それを世界に輸出し、評価を得てきたのだと考えられます。

    しかし、職人の技術を凝らした製品は、製作に時間がかかるため、大量生産には向きません。現在は大量生産・大量商品の時代ですから、職人による超一級の製品は、オーダーメイドや高級品とした位置づけで、手に入れるには非常に高い対価を求められます。

    とはいえ、職人技が廃れたわけではありません。日本人は工夫の得意な民族ですから、製造機械に関しても様々な工夫を凝らしてきました。その結果、職人技とまでは行かずとも、一定以上の品質を持った製品を大量生産できる機械を作り出しました。これにより、安いながらも高品質の製品が市場に出回るようになりました。

    このように、日本のモノづくり技術が高い理由には、日本人が職人を大切にする気風を持つ民族であったことと、より良い結果のために様々な工夫をする気質があったことが挙げられます。また、明治時代に開国した結果、欧米との差を知り、欧米に追いつき、超えてゆくために熱心に勉強し、技術力をさらに発展させていったことも大きな要因のひとつでしょう。これは「日本人は勤勉」と評価される理由の一つでもあります。

    もちろん、精神性や民族性といった、目に見えないものだけが日本のモノづくりの技術を向上させたわけではありません。現在のように何事も数字で表し、客観的な事実を明示する必要がある場合は「気質」などの言葉では説得力がないとみなされます。

    業種・業界を問わず、モノづくりで重要なこととは、正確に対象のモノを把握することです。それは、プロジェクトの進行状況であったり、製品の耐久性であったりと多岐に及びます。製造の現場においては特に重要で、1mgの狂いが大きな事故に繋がることも珍しくありません。そのため重要なのが計測機器です。

    たとえば、先ほども例に出した自動車製造の現場では圧力計をはじめとした様々な精密機械が使われています。製品を工場から出荷するためにはエンジンの油圧やタイヤの空気圧などを計測し、基準値を満たしている必要があります。そのような業務用の圧力計にはコチラのようなものがあります。圧力計はアナログ表示のものもありますが、より正確に値を計測する必要がある場合は、デジタル表示のものが適しているでしょう。

  • 社宅代行サービスで煩雑な管理から解放

  • さまざまな業務のAI化がすすみ、いま当たり前に人間を使っている仕事が10年後にはなくなるなどと言われていますが、そんな流れの中で企業向けの代行サービスの活用に注目が集まっています。

    その企業の根幹に関わる業務を代行させることは当然できませんが、総務や経理といった、必ずしも自社のメンバーのみで固める必要がない部署は、徐々に代行を依頼するということが一般的になりつつあります。 代行を依頼できる業務の幅は様々ですが、実に90%近くの業務を代行に依頼できる分野があることはご存知ですか。それは社宅の管理です。

    社宅は、企業にも従業員にもメリットがある素晴らしい福利厚生です。 企業からすれば、住宅手当を支給するよりも社会保険料が低減し、さらに、人事施策が容易になるなどのメリットがあります。従業員のメリットとしては、住む場所を、概ね地域の相場よりも安い値段で確保できることや通勤時間が短くなることによる疲労の低減、遠隔地から就職した際に居住地確保に焦らなくて済むなどのメリットがあります。

    注意点もあります。 企業が社宅を所有する際は、固定資産税を支払う必要があり、改築・修繕費用などを含めた維持管理費の支出、人気のない社宅の資産価値が減少していくなど企業の利益に関する点だけでなく、運用にあたって「手続きが煩雑である」という点はよく覚えておいていただきたい点です。

    社宅を提供するには、まず社宅となる物件が必要です。物件を探すにあたって、全ての社宅の物件の不動産会社を統一化することはまず現実的ではありません。ある物件は大手不動産会社の管理であるが、他の物件は地元密着型の業者の紹介、といった風に、ばらばらになってしまうのが当たり前です。複数の貸主らとの契約や入出金を同時並行で管理するのは非常に大変です。更新の時期ともなれば、社宅管理担当者の疲弊は目に見えています。

    他にも、賃貸契約を結ぶ際、借りる側の企業に不利な条文が盛り込まれているにも関わらず、担当者の「ついうっかり」でそれが見過ごされてしまった場合はトラブルのもととなります。 これらの煩雑な作業やリスクを低減するために社宅管理の代行サービスがあります。

    代行サービスを使うことにより、複数の貸主らとの契約等を一元化して管理することができます。そのため、気になる点ができたら代行業者の窓口に問い合わせ、答えを得ることになります。他にも、代行業者は賃貸契約に精通しているため、不利な条件で契約を結ぶリスクを抑えることができます。

    社宅代行サービスは、NTTグループのNTTビジネスアソシエが提供している「teNta Ace(テンタエース)」がおすすめです。

    社宅代行サービス

    テンタエースでは、専門知識を持ったスタッフによる管理、それによるコストの削減はもちろんのこと、優良物件の手配により社宅の品質を向上させることも行ってくれます。さらに、社宅入居者からの問い合わせにも迅速に対応するため、トラブルを防止します。

    住む家の満足度が上がれば、仕事へのモチベーションも向上します。社員の満足度を高めて業務の効率を上げるためにも代行サービスをおすすめします。


↑ページトップへ戻る