ビジネス書で学ぶフリートレーニングブログ

ビジネス書で大いに学ぼう


  • 高評価が得られるパンフレット作成

  • 会社案内はその企業のことを知るために、欠かせない物です。紙のパンフレットだけではなく、インターネットでも簡単に見れるものなので手を抜くことはできないはずです。パンフレットでもインターネットでも構成やデザインをどうしようか、悩みますよね。そんなとき、パンフレット作成のパンファクトリーに頼めば、初めのヒヤリングからデザイン提案、納品、そしてアフターフォローまで、全ての作業をサポートしてくれるので、魅力的な会社案内を作成することができます。

     

    パンファクトリーのサイトをご覧になるとこちらでは、パンフレットとWEBサイト両方で会社案内の作成が可能です。このような会社案内で、その会社のブランドを示し、企業信頼を高めることができます。ほとんどの人がWEBサイトから情報を収集する今、このブランドでも特に社会にける企業信頼を高める方策を言う「企業ブランディング」が非常に重要視されます。ですので、集客・価値付け・コミュニケーションにおいて総合的な企業ブランディングを考え、メッセージ・カラー・クリエイティブを統一することが肝心です。

     

    まず、そのような企業ブランディング、ブランドづくりで最も大事な事は「コンセプト」です。パンフレットでもWEBサイトでも、会社案内を作るのにあたって、全体的の基本的な考え方、構成から一緒に、パンファクトリーを運営しているソフトコミュニケーションズの社員が手助けしてくれます。この作業で、ブランドの骨組みを丈夫なものにしていきます。

     

    このようにしてできあがったコンセプトを基にしてビジュアルデザインをしていきます。ブランディングを意識したデザインはもちろん、マーケティングに特化した動線設計を同時に行うことがパンファクトリーの強みです。この強みが多くの会社の想いをカタチにしています。

     

    もちろん、会社案内が作成された後でも、アフターフォローはしっかりとしてもらえます。こちらの、ソフトコミュニケーションズのパンファクトリーではWEBサイトで収集したデータやお客さんからもらった声、市場の反応等の全てから総合的に見て、次のうち手をどのようにしたらよいのかをアドバイスする仕組みになっています。

     

    このようなサポート体制がしっかりしているパンファクトリーの会社案内なら、高評価が得られる会社案内をつくることができ、会社の利益にも繋がります。ぜひ、パンファクトリーのサイトをご覧になって検討してみてはいかがでしょうか。

  • コンビニなどで起業する人必見

  • 脱サラなどで起業を考えた場合、コンビニなど産業界とかかわりを持つ方も多いことでしょう。今や産業界では必須のアイテムとなったバーコードリーダーですが、一般の人には知られていなことが多々あります。バーコードリーダーと一般の人が 聞くと、スーパーやレジなどでバーコードに端末をかざして読み取るだけの機器であると思いがちですが、産業用で使われているバーコードリーダーは 更にハイグレードなものになります。

    よく使われているのがデータ管理です。バーコードから読み取ったデータをパソコンに転送し管理することで作業の効率化を図るものになります。
    特に倉庫では、棚卸作業や在庫管理などで有効に活用されております。商品の数などしっかりと把握し管理することが非常に大変な棚卸ですが、バー コードリーダーを利用し、コードを読み込む作業だけになりますので、仕事の効率化が可能です。また古い商品ばかりが残ったり、商品の在庫が偏った りと、在庫管理が万全でない場合にもバーコードリーダーは有効となります。
    バーコードリーダーをうまく活用することで経営の大きな改善につながると言っても過言ではありません。

    バーコードリーダーのメーカーとして有名なのは、ゼブラテクノロジーズ(旧モトローラ)があります。海外製ですが、モバイル端末としての実績が豊 富なメーカーですので、バーコードリーダーでも高性能の商品を販売しています。ご不明点があれば直接問合せてみるのも良いと思います。ぜ ひ参考にして下さい。

  • サーバー仮想化の多大なメリット

  • サーバー仮想化というと「100台以上のサーバをたった10台に集約!」なんて事例紹介が多く、中小企業にとってはサーバー仮想化の必要性やメリットは見出しづらいと思います。確かに大企業になればこのサーバー台数の削減というのは大きなメリットと思いますが、サーバー仮想化については、それ以上のメリットだってあるのです。実は分かったようで分かっていないのがサーバー仮想化です。仮想化技術の大手であるヴイエムウェアでは、このようなサーバ仮想化についても詳しく書かれているIT価値創造塾というサイトを運営していますので、サーバー仮想化について基礎から調べてみるといいでしょう。

    サーバー仮想化によって、時間コストも削減が可能です。物理サーバーを大量にセッティングするとなると当然1台1台へのセッティングが必要になります。人的リソースもかかり、時間もかかり、セッティングも煩雑です。しかしサーバー仮想化によって、セッティングは既存のマシン設定をそのまま踏襲できるためわずかな時間で設定が完了するのです。また、企業によっては新しいサーバーに移行したくても、昔から使っているシステムが対応していないなどの理由で移行が困難になっているケースが見られますが、仮想サーバーであれば古いシステムをそのまま移行することも可能です。


↑ページトップへ戻る