ビジネス書で学ぶフリートレーニングブログ

ビジネス書で大いに学ぼう


  • コンビニなどで起業する人必見

  • 脱サラなどで起業を考えた場合、コンビニなど産業界とかかわりを持つ方も多いことでしょう。今や産業界では必須のアイテムとなったバーコードリーダーですが、一般の人には知られていなことが多々あります。バーコードリーダーと一般の人が 聞くと、スーパーやレジなどでバーコードに端末をかざして読み取るだけの機器であると思いがちですが、産業用で使われているバーコードリーダーは 更にハイグレードなものになります。

    よく使われているのがデータ管理です。バーコードから読み取ったデータをパソコンに転送し管理することで作業の効率化を図るものになります。
    特に倉庫では、棚卸作業や在庫管理などで有効に活用されております。商品の数などしっかりと把握し管理することが非常に大変な棚卸ですが、バー コードリーダーを利用し、コードを読み込む作業だけになりますので、仕事の効率化が可能です。また古い商品ばかりが残ったり、商品の在庫が偏った りと、在庫管理が万全でない場合にもバーコードリーダーは有効となります。
    バーコードリーダーをうまく活用することで経営の大きな改善につながると言っても過言ではありません。

    バーコードリーダーのメーカーとして有名なのは、ゼブラテクノロジーズ(旧モトローラ)があります。海外製ですが、モバイル端末としての実績が豊 富なメーカーですので、バーコードリーダーでも高性能の商品を販売しています。もしゼブラテクノロジーズの商品をお探しであれば、以下のサイトを ご覧下さい。⇒バーコードリーダー商品一覧

    株式会社ブレインのサイトになりますが、ゼブラテクノロジーズの正規販売代理店になりますので、信頼できる商品が揃っています。また様々な分野や 業界で提供してきた実績もありますので、バーコードリーダーのプロフェッショナルです。ご不明点があれば直接問合せてみるのも良いと思います。ぜ ひ参考にして下さい。

  • サーバー仮想化の多大なメリット

  • サーバー仮想化というと「100台以上のサーバをたった10台に集約!」なんて事例紹介が多く、中小企業にとってはサーバー仮想化の必要性やメリットは見出しづらいと思います。確かに大企業になればこのサーバー台数の削減というのは大きなメリットと思いますが、サーバー仮想化については、それ以上のメリットだってあるのです。実は分かったようで分かっていないのがサーバー仮想化です。仮想化技術の大手であるヴイエムウェアでは、このようなサーバ仮想化についても詳しく書かれているIT価値創造塾というサイトを運営していますので、サーバー仮想化について基礎から調べてみるといいでしょう。

    サーバー仮想化によって、時間コストも削減が可能です。物理サーバーを大量にセッティングするとなると当然1台1台へのセッティングが必要になります。人的リソースもかかり、時間もかかり、セッティングも煩雑です。しかしサーバー仮想化によって、セッティングは既存のマシン設定をそのまま踏襲できるためわずかな時間で設定が完了するのです。また、企業によっては新しいサーバーに移行したくても、昔から使っているシステムが対応していないなどの理由で移行が困難になっているケースが見られますが、仮想サーバーであれば古いシステムをそのまま移行することも可能です。

  • 海外向けプレスリリース配信の注意点

  • コンピューターの時代ですから、海外向けに商品を作ることも多いでしょう。実際にインターネットを介して、私たちはあらゆる国の情報に触れることができます。言語さえ対応できればいいものは世界中でヒットするはずです。実際に私の知人でも海外向けにサービスを作って配信している人間も多くいます。彼らが悩むことは現地でのプレスリリースだそうです。

    gf1940036009wまずはプレスを使って認知を高めないといけないのですが、中々日本のPR会社では海外マスメディアは得意とするところがないそうです。そんな中、海外向けプレスリリースが得意という会社はないわけではありません。カーツメディアワークスなどのまだ比較的若いPR会社はインターネットの分野を中心にしている、海外にも強みを発揮できるPR会社です。スタッフも国際色豊かで、現地のメディア事情にまで精通しているという強みがあるそうです。

    日本国内で広報の経験がある人でも海外向けとなると言語の違いだけでなくその国々の文化、マナー、国民性についても配慮が必要になります。英語が得意な人に任せればOKということでもありません。知らず知らずのうちにその国のタブーに触れてしまうこともしばしばあります。マーケティングの目的は自社の製品やサービスを広く知っていただき、興味をもってもらうことです。余計なミスやトラブルで海外マーケティングが失敗に終わってしまっては元も子もありません。あくまですばらしい製品、サービスを提供することが事業の本質です。プロに任せられる部分は任せるというのもひとつの選択です。覚えておきましょう。


↑ページトップへ戻る